アンチ・『ビフォーアフターフォト』

  • 2019.08.23 Friday
  • 23:14

美容皮膚科において、ビフォーアフターの写真を掲載するのって、いかがなものか?


私は、一生、やりたくないですね。

患者さんに頼む神経を理解できない、

写真撮る時間が無駄、と思うからです。


研究や論文のために撮らせて頂くのはいいとして、宣伝のためのPRとして使うことには抵抗アリアリです。


当院が、HPでもブログでも、そういう写真を一切出さないのは、そういう理由です。


それに、美肌づくりは、生涯かけて行うもの。いちいち、しみ・シワ改善の前後とか撮ってらんない!


私が、写真を撮らせてもらう時は、外科的なことのみ。自分の勉学のためと、珍しい場合、症例発表しようかな、という時だけ。勿論、承諾を得られた場合のみです。


最近の、思い入れ深い写真を挙げますと、

1、ダニが噛み付いたままの状態の皮膚

    →医師になり初めて診て初めて除去した!


2、糖尿病性壊疽をデブリと被覆材で治療し完    

      治した症例、

       →他院だったら切断されてたのをデブリ     

        だけで完治させた!


3、巨大脂肪腫を局所麻酔で切除した症例、

      →病院嫌いで私しか無理な聖職者の方


そして、『アテローム』は頻繁に来るので、しばしば撮らせて頂きますね。


9月の予約が、もうどこも入れない、と、私へ患者さんから嘆きの直談判を頂いておりますが、ごめんなさい、ほんとにパツパツです。


10月の予定を、来週には出せそうなので、

しばし、お待ちくださいませ^ ^


『生きてさえいれば』

  • 2019.08.23 Friday
  • 03:33

改めて、an・anに掲載されているクリニックを見ました。

東京のクリニックが四つ、大阪のクリニックが1つ、奈良のクリニックが1つ、そして、みちこくりにっく(長崎☆)!


あ〜生きててよかった〜

嬉しい☆


中川翔子さんが、昔いじめられてて、

「今は生きてて良かった」と言ってるのを何かで見ましたが、私もそうです。


医者の子供、金持ち、運動は何もできないくせに、勉強はできすぎ、と、小学生の頃は、私の存在だけで、嫌がられてました。


ほんとに、みんな、生きてさえいれば、

大逆転!と心から思えることあるからね。


表紙は、大好きな『星野源さん』だし、

菅田将暉さん、小栗旬さん、山田孝之さんも特集で載ってます☆



みちこくりにっく躍動☆

  • 2019.08.22 Thursday
  • 08:47

今朝、医師会の先生や、東京の友人から、

「an・anみたよ〜」とメールを頂きました☆

「相変わらず顔ちっちゃいね」と、みんなから必ず言われる『顔のサイズ』。面白い^ ^


実は、9月7日発売『CREA』にも掲載されます〜☆


皆さんを裏切ることなきよう、自分自身のスキルをアップさせ、みんなで力をあわせて頑張ります!


9月29日(日)『シネロン・キャンデラ』主催のセミナーが、長崎で開催されます。

当院で使っている『ジェントルレーザー』の会社。

長崎でのセミナー開催は『初』みたい。


しかも、お世話になっている、

『リセルラボ』も協賛する旨、

社長からメールを頂いたので、参加しないわけにはいきません。


美容セミナーは、あまり参加しない私。

『クリニックf』の藤本先生以外の話は、そんなに興味がなくて・・・

美容セミナーって、チャラチャラした女医の話が多いから、尚更テンション上がらない。


『機器に強く長けてる先生』の話じゃないと、面白くない。

今回の講師の先生は、わりとよく聞く名前の先生で、頭良さそうな男の先生。

次に欲しい機器の話もしてくれるので、参加する気になりました。


美容スタッフ・ミキさんに、

「ランチ付きだよ〜行かない〜?」と声かけてたら、なんと、うちのスタッフ全員が、

「私達も、勉強したいです!」と言うではないか?!事務の新人2人も参加したいと言ってくれたし、育休中のあさみんも、電話したら、行きたいです!と☆

貴重な日曜日なのに、みんな〜(涙)


1施設何人まで、とか人数制限あったはずだけど、担当者に電話して、みんなで参加したい旨を伝えたら、快諾してくれました☆


担当者・Kさん、ありがとうございます。

皆で、勉強させて頂きます☆


次狙ってる機器の話も聴けるし、全員で外のセミナーへ参加するのは『初』なので、異様にテンションが上がっています☆





『風疹抗体検査』順調☆

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 18:22

長崎県は、疾病率・死亡率共に、

ワースト10位内に入っていて、健康意識低い者が多い。


しかし、今回、風疹抗体に関するクーポン対象男性の受診者、当院は連日5人ペースで来院される。


うん、よし、よし。

かなり良いペース。


これまで検査を受けた方は、全て、

高抗体価、という結果も面白い。


昭和45〜50年あたりの男性が真面目!

来院数多い。


皆さん、ちゃんと受けよう。

真面目が1番よ。


『まじめ』、『誠実』、やっぱり、私はいかなる時も、これを貫ける男が好き。

不真面目で不誠実な男は、嫌だわ。




本日発売の『an・an』、みてください☆

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 05:00

みちこくりにっくが、本日発売の

『an・an』に掲載されます^ ^


ただ、スタッフの話によると、長崎は遅いらしい^^;


当院にも置きますので、ぜひ、閲覧くださいね〜


それと、9月初旬発売の、雑誌にも掲載されます。全国紙です。こちらは、先方に、いつからインフォメーションしてよいか確認中ですので、後日発表します☆


フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、そういうのは一切やらない私。

そもそも、そういうガツガツした宣伝が嫌い。

凡人が、自己顕示欲を振りかざすことこそ、痛くて悲しい・・・

そんな『沢山の凡人』に紛れるのは、ほんと、鳥肌が立つ・・・


アナログ的な、『口コミ』『紙媒体』こそ、

『MICHIKO ism.』なんです。


今回も、『宣伝』という目的は全くありません。患者さんは、すでに増える一方なので。


ただ、ただ、数あるクリニックから、

『みちこくりにっく』を取り上げてもらえるのが嬉しかったのと、患者さん、スタッフへの感謝、それに尽きます。


正しいことを、ちゃんとコツコツやっていれば、必ず認めてもらえるという証。

自分自身の、『自尊心』を少しくすぐってあげたい、そんなとこです^ ^

この作家がダントツで1番好き☆

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 07:01

順調に、

『1日1ページ読むだけで身につく世界の教養』、読んでいます。


今日は、私が大好きな作家、

『アーネスト・ヘミングウェイ』の話。

彼の作品は、全て読みました。

ヘミングウェイと言えば、ノーベル文学賞受賞となった、『老人と海』が有名ですが、

私が1番好きなのは、『武器よさらば』です。

第1次世界大戦を背景に、アメリカ人救急車運転手とイギリス人女性看護師のせつないラブストーリーを描いたものです。


ヘミングウェイは、マッチョ気取り、とか、ゲイ、とか、色んな悪口を叩かれてるけど、あらゆるパターンの物語を描ける彼を、心から尊敬しています。


最期は、ショットガンで自ら命を絶ってしまいますが、彼の作品は、永遠に、美しく残っていくものと、信じています。


ヘミングウェイに、太宰治に、私が好きな作家は、

頭がよすぎて、病んでますな・・・


『ママが天に召されたら・・・』

  • 2019.08.19 Monday
  • 19:42

息子は、ほんと、感心するくらい大人。

 

今日は、塾の帰りに、なんか、人生のターミナル的な話になり、

「ママが突然、病気かなんかで亡くなったら、東京の友達に連絡してほしい」と息子に話した。

 

誰々と、誰々、と数少ない友人と、大切な恩師と、尊敬する人の名前を挙げた。

 

あと、お葬式でかけてほしい曲とか、楽しい式にしてほしい、とか・・・

 

思えば、息子にしか、お願いできない・・・

 

死が近づくと、自分の人生の全てを暴露する人がいるけど、そういうことが、私は1番嫌い。生きている誰かを、とても傷つけてしまうようなことを、ぶっちゃけて死ぬなんて、下品で、卑怯で、最低。

 

だから、そういうことをしないでいいように、私は、息子に、ボチボチ、色んな話をしてる。もちろん、絶対に言えないこともあるけど・・・

 

ちょっと、泣きそうになってたら、朔が、

「ママ〜多久西PAに着くよ〜うどん食べながら泣かないでよ〜」と・・・

 

家に着く少し前に、

「ママから去った人は、みんな後悔してるはず。今から、ママはもっともっと幸せになるから。」と息子。まるで恋人・・・

 

息子がいなかったら、なんと孤独だったことか・・・

 

息子に、優しい遺伝子を残してくれた、

『あなた』には感謝してる。お葬式に招待するリストにはあげてないけどね   笑笑

感染症チェックを受けるのは成人の義務です

  • 2019.08.18 Sunday
  • 10:20

私は、全ての感染症(STDも含めて)チェックを、毎年やっています。

それは、大人としての義務であり、医療者としては当然のこと。


STDチェックは、パートナーがいようがいまいが、定期的にするべきです。

妊娠の時は、必ず受けますよね?

子供を守るのと同様、周りへも迷惑かけないようにすることは、成人としてのマナーです。


あと、私は自分自身が、

『全てクリアー』でありたいので、検査でチェックをして、毎年、

『品あるレディー』であることを確認したいのです。


みなさん、ちゃんと、検査を受けましょう☆

大切なことは患者さんが教えてくれる・・・

  • 2019.08.17 Saturday
  • 20:08

先日、他病院で縫合を断られた男性を、連日診ています。第3指と第4指の間がバッサリ切れていた方です。


小児期のてんかん大発作が原因で、障害者施設で生活されています。ナートしても、被覆材を剥がしてしまったりされるため、創傷治癒遅延しています。外科医として、悔しいし、患者さんへ申し訳ない気持ちでいっぱい。


ナートしても、糸が切れてしまうため、ステリストリップと被覆材で、なんとか、創部を寄せていますが、まだまだ、時間がかかりそう。


どう治療すべきか考え、表情が険しい私に、介護者の方が、

「Mさん(患者さん)、先生のことを、

  『芸能人』と言ってたんですよ〜」と言ってくださり、顔がほころんでしまいました。


今日も、どの被覆材を使い、どう保護して、Mさんの苦痛がないようにしようか、と考え、私の顔は固まっていました。

そんな私に、Mさん、処置室に入るなり、

「み・ち・こ・ひ(美智子妃)!」と言ってくださり、私もスタッフも、笑みがこぼれ、一気に場が和みました。


改めて、あの、相模原の事件を思い出し、嫌悪がわきました。障害者施設襲撃事件です。

そもそも、『障害者』という言葉は、適切でないと思います。


Mさんに限らず、彼らをみていると、私は、

『生命の本質』を感じることができます。

ただ、ただ、無心・無欲で、

『生きている』んですよね・・・


私が、処置している間中、和やかで、逆に私をリラックスさせてくれるMさん。

純粋なMさんと向き合っていると、自分の方がよほどダメ人間だなぁ、と考えさせられます・・・


火曜日に、再縫合しようという結論。

Mさん、次こそは、しっかりナートして、早くまた、日常に戻れるようにしますね。

介護者の方も、みなさん、笑顔で来てくださり、私を信頼してくださり、医者冥利に尽きます。最善を尽くします!



every day・救急

  • 2019.08.16 Friday
  • 06:44

当院は、毎年、お盆も診療しています。

昨日は、お休みしましたが、大体はずっと開けています。お盆期間は、

『休日当番医』があるにも関わらず、なぜか、毎年、当院へ来る方が結構います。


先日、14日は、休診のクリニックが多い上、休日当番医も決められていなかったようで、急患が数人来ました。


そのうちの1人は、私が通っていた高校の教師でした

その先生には、習っていませんが、私がとてもしたっていた先生と仲が良く、今も親交があるというお話を聞くことができ、嬉しかったですね。その先生から、

「あの時代の日大から、よく医学部いったね〜。すごいよ。頑張ったんだね〜」と言われました。確かに。今でこそ、長崎日大は偏差値高くなってきましたが、私の頃は、誰でも入れるような高校でしたから・・・

こんなご縁もあるんですね〜


思えば、10年前帰ってきた時、完全awayで戻ってきたから、外来患者は1人しかおらず、どうやって患者を増やしていくか、が日々のテーマだった。


毎日、クリニックの玄関周りを掃除して、周囲へアピールしたり、ホームページを作成したり・・・


そんな中、3、4ヶ月毎に回ってくる、

休日当番医で、徐々に患者が増えていったことは間違いない事実です。


今日も、来る気がするなぁ〜

スタッフ、よろしくね〜


ナイロン糸、ステープラー、ステリストリップ、被覆材の消費が激しいね〜(^^;;

また、注文しないとだね。

テンション上がる『被覆材』が欲しいです☆

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM